無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | - | - | - | - |
    ←prev entry Top next entry→
    神戸VARIT.×タワーレコード神戸店 presents 「NEXT KOBE!!! Day10」
    0
      1月15日から始まったタワーレコード神戸店とバリットの共同企画はこの日でDay10を迎えた。
      錚錚たるメンバーに終始盛り上がりが途絶えることはなかった。


      【神田莉緒香】
      繊細なキーボードの音と純粋な歌声が響き渡るフロアには仕事帰りを連想させる、スーツ姿がちらほら見える。
      “だめな自分を受け入れることができたら明日もちょっとは頑張れるんじゃないかな”
      軽快な手拍子が響く中、黒い髪を遊ばせながらステージを飛び跳ね、音もそれらと一緒に鍵盤の上を、お客さんの頭を飛び跳ねてカラフルにフロアを染めた。
       
      【日食なつこ】
      静まり返ったフロアに、人の壁を軽々と越える力強い声が降り注いだ。
      それに感化された人のリズムをとる頭がどんどん増えていく。
      クールな表情とは裏腹にその足下ではPOPにリズムを刻む。
      きっとこういう人なんだろうな、と想像した通りの人柄が垣間見えるMCと少し抜けている部分に観客の頬は緩んだ。
      ドラムのkomaki♂さんと互いを信頼し合っているかの様な[Fly-by]では体内の血が肩から足の指先までさーっと駆け巡っていくような鳥肌を覚えた。
       
      【黒木渚】
      “これからの30分間だけでかまいません。黒木渚をあなたの本命にしてください。”
      その一言だけでも引き込まれてしまうというのに演奏が始まると彼女の虜になった。観客はくるくるとステージを動き回る黒木渚さんにおいていかれないように必死でついていく。2階にも届けと言わんばかりの左腕を何度も差し出すとそれに答えるような盛り上がりを見せた。
      最後は観客もステージもタオルのホコリでいっぱいにし、この30分間は観客にとって確実に黒木渚が大本命だった。
       
      【吉澤嘉代子】
      その場にいた全員が不思議な世界観に連れて行かれたようだった。
      ステージから飛び出して観客と間近でフロアの空気を作り上げ、1週間の疲れを歌声でするりとほどいていく。
      ゆっくりゆっくり言葉を紡ぎながら気持ちを言葉にするMCと曲が始まると別人のように胸を張った吉澤嘉代子さんに観客は見事に心を動かされた。
       
      【小南泰葉】
      か細い手足に少しだけハスキーな歌声とその中にある透明感がギターだけのシンプルな音に乗って耳に届く。
      兵庫県丹波市出身ということでMCでは聞き慣れた関西弁が耳に入ってくる。
      [ホームシック]の途中で突然思い出話を挟む、自由な小南さんに小さな笑い声が響いた。
      華奢な体で訴えるような歌声は泣き声のようだった。
      最後に観客にハイタッチして幕を閉じた。





      小南泰葉さん
      吉澤嘉代子さん
      黒木渚さん
      日食なつこさん
      神田莉緒香さん


      ありがとうございました!(^^)!




      あんじぇ
      | KOBE VARIT. | ライブレポ | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | - | - | - | - | - |
        Comment
        name:
        email:
        url:
        comments:
        Trackback
        http://varit.jugem.jp/trackback/49