無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | - | - | - | - |
    ←prev entry Top next entry→
    「AFTER SCHOOL OF ROCK!」
    0
      海を連想させるかのような光に包まれて本日最初を飾るshellfishが登場し、心臓の音が聞こえてきそうなほどの緊張を和らげるかのようにステージ上で円陣を組んだ。
      玉谷友輝(Vo.)さんがクラップを促すと後ろの方にまでクラップの渦が巻き、サビではどっと腕があがった。
      Truth I】でフロアを見渡す余裕ができると、目があったと嬉しそうに口を押さえ隣の人と喜ぶ観客の姿が視界に入った。
      “今日のために新しい曲を持ってきました”と新曲の【Link】では、思わず体が動いてしまう様なメロディーに観客も楽しそうに手のひらでリズムを刻む。自らを“喋るのがとても苦手な4人組”と称するように、たじたじなMCの玉谷に思わずメンバーも吹き出してしまうほど緊張が伝わった。
      得意ではないMCを埋めるかのように歌声で観客に語りかけ、代表曲の【CRYME】では確かな感触にいつも以上に熱を込めて歌い上げた。
       
      幕の閉じたステージから聞こえた“嘘だと思うなら幕を開けてください”の声に幕があくと、既に4人がステージにスタンバイしていた。
      カズーという膜鳴楽器を使ってフロアを多彩に染めていくのは今日みたく暖かい日差しがよく似合うD.W.ニコルズだ。
      1曲も終わらないうちに気づけばフロアは4人の色に染まっていた。
      亀田誠治さんがプロデュースしたという新曲の【LIFE】では、10年間を4人で歩んできたからこそ歌える曲で、“つらいこともあったけど、比較的楽しくやってきた”と言うようにポップなメロディーにのせた歌詞は深く脳裏に焼き付く。
      この春高校卒業したという観客に拍手が送られ、あたたかい空気感のまま、この時期にぴったりな卒業ソングを披露し、4人の口先からあふれるメロディーが寂しさと期待の詰まった春を彷彿させた。
      MCから一息つく間もなく始まるスタイルに観客は一瞬たりとも気を抜かずにのめり込み、おもちゃ箱をひっくり返したかの様な45分間を堪能した。
       
      SEが流れ始めると今か、今かと最前列は身を乗り出す。
      4人が向かい合い、音をかき鳴らすと待ってましたと言わんばかりの拳があがり、そのまま【ENTRANCE】に移ると全身を使ってリズムを刻み始めた。4人には少し狭いステージで合田悟(Ba)さんが端から端まで動きまわり、その姿に観客は夢中になって右腕をステージに突きつける。
      “どうも、D.W.ニコルズでーす”とおどけたMCのあとはD.W.ニコルズののコールアンドレスポンスを真似た“やきたて”コールで場を湧かせた。
      中盤では“大事な人とか、守りたい人とかをおもいながら聞いてほしい”と【うちにかえろう】でフロアを優しく包みんだ。
      そのまま小高芳太朗(Vo/Gr)さんからの無茶ぶりで合田さんは“人間はいつ死ぬか分からないのでやりたいことがあればすぐやってください”と【僕たちには時間がない】のタイトルコールをし、昨年の大きな出来事を経てできた曲を披露した。
      “まだまだいくぞー!”と煽ると、それに答えるように腕があがり、終盤にむけて盛り上がりも最高潮を迎える。小高さんがうちわを取り出してふらふらになりながらも会場をさらに盛り上げていくとフロアはお祭りのごとく熱気で埋め尽くされる。そのまま【スモールワールド】へと続くと歓声が沸き、地に足をつけていられなくなった観客たちの盛り上がりで気温もとどまることを知らないかのようにあがっていった。
      全曲遣り切り、床にギターをおいてステージをあとにすると、すぐにメンバーを呼び戻すクラップが起こる。
      それに答えるようにぞろぞろとメンバーが顔を出し、袋を抱えて出てきた桜井雄一(Dr)さんはshellfishからもらったうまい棒を我が物顔で観客に配っていく。
      アンコールの【前進//戦場へ】で観客も全てを出し切るように盛り上がったあとは再びギターを床に寝かし、ステージの袖へと消えていった。


      ---Varit Live情報---
      LUNKHEAD▶︎2015.5.24.SUN
      LUNKHEAD TOUR 2015 君の街でYeah!〜日比谷野外大音楽堂のチケットを売りに行くツアー〜
      ◎チケット一般発売日:4月11日(土)〜
      ◎お問い合わせ:キョードーインフォメーション 0570-200-888(全日10:00〜18:00)

      D.W.ニコルズ▶︎2015.4.19.SUN
      「トアロード・アコースティック・フェスティバル2015」
      ◎チケット発売中!!!
      ◎HP:
      http://tor-acofes.com/

      shellfish▶︎2015.4.7.TUE
      「KOBE NEXT GENERATION!」
      ◎チケット発売中!!!
      ◎w//SHE'S / ウルトラタワー / Slimcat


      ※上記詳細はバリットHPをご覧下さい。
      ◎HP:http://www.varit.jp/

       
      | KOBE VARIT. | ライブレポ | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | - | - | - | - | - |
        Comment
        name:
        email:
        url:
        comments:
        Trackback
        http://varit.jugem.jp/trackback/58